So-net無料ブログ作成

日本ホビーショー [その他]

日本ホビーショーに行ってきました。

会場は国際展示場。風が強かったでした。
kaijou.jpg

戦利品の銚子電鉄濡れ煎餅(笑)。この袋をぶら下げて会場内を宣伝してきました(^^;;)。
nuresenbei.jpg

これも戦利品の星空ドーム文鎮。半球のレジンですね。星が綺麗に見えので、思わず買ってしまいました。
stardome.jpg

ムクロジの実 [植物]

ムクロジの実が落ちていました。実の中にある種は比較大きくて丸くて硬く、昔はハネツキの羽の頭に使っていたようです。実の中はベタベタの粘液で満たされていて、洗剤としても使われていたようです。種の表面や手に付いたベタベタを水で洗ったら結構泡立ちました。

mukuroji1.jpg
mukuroji2.jpg

どっちのゴマダラ? [昆虫]

 エノキの木の幹を幼虫が登っていきました。ゴマダラチョウかアカボシゴマダラか? ここには両方ともいるのでどっちかは分かりませんでした(遠かったし)。

gomadara-sp.jpg

白い紫蘭 [植物]

白花の紫蘭です... ややこしい(^^;;;)。

siran-white.jpg

ミズキの花 [植物]

ミズキの花です。だいたい高い所に咲いていて写真が撮りにくいのですが、たまたま枝が垂れ下がっているところに咲いていたので撮れました。

全景。
mizuki1.jpg

拡大。撮った時には気づかなかったのですが、虫がいました。左上は小さなゾウムシ?かコガネムシ類?みたいなやつ(→ ヒラタハナムグリというご教示がありました)、右下はカツオブシムシのようです。
mizuki2.jpg

ツゲを喰う者 [昆虫]

ツゲの植え込みが所々虫食いになっていました。いったい誰が、と探してみると...
いました、いました。

これは体長1cmくらいの小さなシャクトリムシ。小さ過ぎて種類は分かりません。
syakugasp-1.jpg
syakugasp-2.jpg

これは体長2cmくらいの芋虫。ツゲノメイガのようです。
tugenomeiga.jpg

ここの植え込みは毎年丸坊主に近いくらい喰われるのに、本体がなかなか見つからなかったのでした。今年は運が良いみたい。


タンポポいろいろ [植物]

セイヨウタンポポと日本産タンポポの見分け方は、一般的には、花の裏の総苞片が反り返っているか(セイヨウ)、反り返っていないか(日本産)で、日本産タンポポの種類は総苞片の形で見分けるとなっています。で、その辺(東京近辺)に咲いているタンポポをいろいろ見てみました。

総苞片が反り返っているのでセイヨウタンポポでしょう。
セイヨウ.jpg

これは反り返ってないからカントウタンポポかな。
カントウ.jpg

これは、ヒロハタンポポ? 分布域は中部以西ということなので地域的には怪しいですが(ここは関東)。
ヒロハ?.jpg

うーん、これはエゾタンポポでしょうか? でも少し反り返っているようにも見えます...
エゾ.jpg

これは... 反り返っているのか、いないのか微妙... どっち?
エゾ?.jpg

最近、上のようなどっちつかずのタンポポを良く見ます。ひょっとしてセイヨウタンポポと日本産タンポポの雑種なんですかねぇ?

春の植物 [植物]

タケノコが顔を出しました。
takenoko2016.jpg

こちらはオオジシバリ。タンポポより少し小型のあっさりした花です。
oojisibari2016.jpg

アキグミの花です。よく見るとクモが隠れています。小さなアブなどが花に来るので都合が良いのでしょう。
akigumi-f2016.jpg

白いスミレ [植物]

ツボスミレが咲いていました。下向きに咲くので2枚目は地面近くから見上げる形で撮影しました。チルト式の液晶ファインダーはこういう時に便利ですね。
tubosumire2016-2.jpg
tubosumire2016-1.jpg

こちらはアリアケスミレと思われます。
ariakesumire2016.jpg

モグラの塚 再び [動物一般]

再びモグラ(アズマモグラ)の塚の動画に挑戦しました。
今回は至近距離で撮影できました(私の足音で逃げなかったのは謎)。

土を盛り上げているところを、ただひたすら撮っただけです(4'45" ノーカット)。気の短い方にはお勧めしません(^^;;)。
0'19"、0'39"、1'01"、1'30"、1'42"、2'25"、3'10"、3'20"、4'35"、の辺りに動きがあります。


こちらは盛り上げているところだけを編集したダイジェスト版です(1'11")。これならなんとかなるかな...(何が?)


で、誘惑に打ち勝てず(おぃ)、そっと土をどけてみたら、直径5cmくらいのまだ土が詰まっていないトンネルがありました。やはり土を盛り上げ終わったらトンネルは埋めてしまうのでしょうね。
mogura-ana.jpg
メッセージを送る