So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

アオドウガネ [昆虫]

イタドリの葉を貪り食っているアオドウガネ。周辺のイタドリは丸坊主に...

aodougane2017.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

昆虫2種 [昆虫]

再びトラカミキリです。今回の方が近距離でうまく撮れました。しかし、またもや最初ハチと見間違えてしまいました。なかなかすごい擬態ですね。
torakamikiri2.jpg

かなり緑色が強いカナブンがいました。アオカナブンかも、とひっくり返してみましたが、通常のカナブンでした。表側も撮ろうと地面に置いた途端にブ〜ンと飛んで行ってしまいました。
kanabun-ura.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

夏のキノコ(続き) [きのこ]

8月のキノコの続き。ちなみに東京でこれだけ雨の多い8月は40年ぶりだそうです。

フクロツルタケだと思われます。この場所には数年に一度くらいの頻度で生えます。形良く生えていたので写真を撮りました。
fukuroturutake1.jpg
fukuroturutake2.jpg

これは、ヒナアンズタケでしょうか。小さな黄色っぽい、割と綺麗なキノコです。
hinaanzutake.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

夏のキノコ [きのこ]

8月なのに雨続きのせいか、キノコが色々生えてきました。

イグチの仲間のキノコ。菌輪みたいになっていました(写真は部分)。アワタケのように思われましたが、決め手はありませんでした。傘は傷つけると青く変わります。
awatake1.jpg
awatake2.jpg

テングタケも生えてました。これも菌輪状態になっていました。テングタケにしては色が薄いのですが、まぁ、テングタケだろうと思います。
tengutake2017.jpg
tengutake2017-2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

高知の生き物など(その2) [動物一般]

7月末に高知に行って来たので、高知の生き物を色々(続きです)。

四万十市(旧中村市他)の四万十市トンボ公園のトンボ類です。

チョウトンボ。東京あたりでも見られますが、ここには沢山いて見事でした。
choutonbo-kouti.jpg

ウチワヤンマ。尻尾の先端が団扇です(^^;)。
utiwayanma.jpg

ハラビロトンボ。色合いが微妙ですが、未成熟の個体なのかもしれません、。
harabirotonbo.jpg

ベニイトトンボ。絶滅危惧種だそうですが、ここには結構数がいました。ここはすごいところです。雄と思われますが、あまり赤くないのは未成熟だから、かなぁ。
beniitotonbo.jpg

おまけ:宿で食べたチャンバラ貝の蓋です。長さは1cmくらいで、やけにギザギザしています。生きているときはこの蓋をブンブン振り回すような仕草をするので、チャンバラ貝なのだそうです。ちなみに標準和名はマガキガイといいます。
chanbara.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

高知の生き物など(その1) [動物一般]

7月末に高知に行って来たので、高知の生き物を色々。

高知駅前のシャワシャワシャワシャワと五月蝿いクマゼミ。見慣れないせいか、飛んでいるとずいぶん大きく見えます。
kumazemi1.jpg
kumazemi2.jpg

高知駅近くの日曜市で売られていたヤマトシジミ。ずいぶん大きいです。殻の幅が2-3cmくらいありました。湾の上流産という表現が微妙ですが、汽水域ということなのでしょう。
yamatosijimi1.jpg
yamatosijimi2.jpg

トックリバチの仲間の巣。口はまだ閉じられていませんでした。
tokkuribatinest.jpg

四万十川の宿の窓に大量に止まっていたカゲロウの仲間の大小2種。ただ、羽化直後と体が固まった後という可能性もあります。どちらにしてもカゲロウの仲間はよく分かりません。
kagerousp1.jpg
kagerousp2.jpg

同じく窓に止まっていた綺麗なガ。スジベニコケガという種類のようです。
sujibenikokega.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ
メッセージを送る