So-net無料ブログ作成
検索選択

逆光のアオスジアゲハ [昆虫]

えらく逆光のアオスジアゲハ。近くに来なかったので、これでいいやと逆光を強調しました。

aosuji2017.jpg

オオシオカラトンボの産卵行動 [昆虫]

オオシオカラトンボの産卵行動。産卵中の雌(左)を雄(右)が警護しています。

oosiokaratonbo-p.jpg

クヌギカメムシの仲間 [昆虫]

まだ成熟していないので脚が赤くないクヌギカメムシの仲間、でいいはず...

kunugikamemusisp.jpg

ちなみに、こちらは去年の秋に撮ったやつです(再掲)。
kunugikamemusi.jpg

擬態?(ナカグロクチバ) [昆虫]

壁に見慣れない蛾が止まっていました。まるで翅の中にもう一つ翅があるような模様です。これは擬態の一種なのか何なのか? 擬態にしては目立っています(壁が白いせいもあるけれど)。
調べてみたらナカグロクチバという南方系の蛾でした。現在のところ関東地方が北限みたいです(撮影場所は埼玉県)。南の方にはこの模様が擬態になるような環境があるのでしょうか...?

nakagurokutiba.jpg

ブドウスカシクロバ [昆虫]

ブドウ類(エビヅル?)の葉を食い荒らしている1cmくらいの毛虫。ブドウスカシクロバの幼虫のようですが、なぜか成虫(蛾)は見たことがないです。

ブドウスカシクロバ幼虫.jpg

ヨツボシケシキスイ [昆虫]

クヌギの幹にヨツボシケシキスイが来ていました。見た限りでは樹液が出ているようには見えませんでしたが、匂いを感知するくらいには樹液が滲み出ているのかもしれません

yotubosikesikisui.jpg
yotubosikesikisui2.jpg

コシアキトンボ [昆虫]

コシアキトンボの、たぶん未成熟な雄。腰がまだ黄色みがかっています。真夏になると白くなるので、成熟すると白くなるのでしょう。
ちなみに、雌の腰も黄色いですが、黄色い部分がもっと小さいです。

kosiakitonbo2017.jpg

コオニヤンマ [昆虫]

 池の畔にオニヤンマがいたので写真を撮りました。なぜか食パンに止まっています(食べているわけではないようです)。しかし、オニヤンマ(体長10cm前後)にしては少し小さくて腹部も細く、何か印象が変だったので調べてみたら、なんと初めて見るコオニヤンマ(サナエトンボ科:オニヤンマ科ではない)でした(体長9cm前後)。池は平地の市街地にあるのですが、こんなことろにも来るのですね。

kooniyanma.jpg

オオミズアオ [昆虫]

アカシジミを撮った林にオオミズアオがいました。オナガミズアオに似たところ(翅縁と紋)もありますが、前翅先端の丸みや触角の色からオオミズアオのほうだと思われます。

oomizuao.jpg

アカシジミ [昆虫]

昨年初めて姿を見て、今年になって撮影することができました。市街地のコナラ林ですが、こんなところにいるとは思いませんでした。
ただ、林の中は暗く、ブレてしまいました(なので小さい写真のみ)(ISO400)。
akasijimi.jpg

ISO感度を上げて撮ってみましたが、今度は画質が....(ISO1600) なかなかうまく行きません。
akasijimi2.jpg

なお、姿を見たのは5月下旬の2日間だけでした。その後も探していますが、もはや今年は見られないのかもしれません。

メッセージを送る