So-net無料ブログ作成
検索選択

裏高尾(植物編) [植物]

連休中の1日で裏高尾に行ってきました。

周辺は梅林がいくつかあり、満開をちょっと過ぎた感じでしたが、辺りには良い香りがうっすらと漂っていました。
ume-r.jpg
ume-w.jpg

そのほか、季節はちょっと早い感じでしたが、花もいくつか見ることができました。

アズマイチゲ。一番多かったかな。
aumaitige1.jpg
azumaitige2.jpg

キバナアマナ。初めて見たような気がします。
kibanaamana.jpg

スミレの仲間。葉はコスミレっぽかったですが、花の色が白から薄紫まで連続的でした。
sumiresp2017.jpg

ツクシもありました。
tukusi.jpg

ちょっとしたハイキングで楽しい1日でした。

シュンランとコスミレ [植物]

シュンランを見つけました。野外ではほとんど見たことがないです。2回目くらいかな。
syunran2017.jpg

こちらはコスミレ。結構群生していました。花が終わって他の草が生えてくると見えなくなってしまいます。
kosumire2017.jpg

シロバナタンポポ [植物]

ちょっと早いけど、シロバナタンポポを見つけました。

sirobanatanpopo2017.jpg

ブンゴウメ [植物]

ブンゴウメの花も咲き出しました。

bungoume2017.jpg

スイセン [植物]

実は1月頃から既に咲いていました。
色々な品種がありますが、こういうシンプルなのが良いですね。

suisen2017.jpg

2017年のオオイヌノフグリ [植物]

毎年のように撮っているオオイヌノフグリです。日当りの良いところではもう咲いています。

ooinunofuguri2017.jpg

梅と千両 [植物]

六義園に咲いていたウメと、センリョウの実です。
ちなみに、園の説明板によると、一両:アリドオシ、十両:ヤブコウジ、百両:カラタチバナ、千両:センリョウ、万両:マンリョウ、だそうです。

ume2017.jpg
senryou2017.jpg

田んぼの周辺 [植物]

キカラスウリの実。ずいぶん大きいです。
kikarasuuri2017.jpg

稲の孫生(ひこばえ)に実った穂。孫生は、稲を刈り取った後の切り株から再び生えて来た稲で、そのまま再び穂ができることがあります。中身もちゃんとお米が入っていますが、現在では利用されることはあまり無いようです。
inaho2017.jpg

冬の色 [植物]

今年はマユミの実が良い色になりました。
mayumi-f.jpg

イチョウの葉はそろそろ終わりかなぁ。
ichou2016.jpg

樹のコケと地衣類 [植物]

別の種類のコケと地衣類です。

コケの朔の直径は約0.5mm。種類は分かりません。
kokesp.jpg

これは? ウメノキゴケの一種だとは思いますが。このかたまりの直径は2cmくらいですが、幹全体に広がっているところもありました。
umenokigokesp.jpg

メッセージを送る