So-net無料ブログ作成
検索選択

タヌキ?の糞 [動物一般]

これは... タヌキの糞だとは思うのですが、すごい色をしています。種子が混じっているので、サクランボ(オオシマザクラとか)を食べたからでしょうか?
tanuki--.jpg

しかし、これは本当にタヌキの糞でしょうか? このあたりではハクビシンも目撃されているので、ハクビシンの糞かもしれません... でもハクビシンは地面にも糞をするのかどうか、なかなか難しいです。何せ最近は個体を見ることがほとんどないので、確認できそうにありません。

シロバナマンテマ [植物]

マンテマというの日本語としてはなかなか妙な語感ですね。
それはともかく、道端などでひっそりと咲いている小さな花です。"シロバナ"といいながらピンク色の花もあるのがややこしいです。

sirobanamanntema1.jpg
sirobanamanntema2.jpg

西日本の海岸 [水棲生物]

西日本の海岸での生き物探し(?)

海面にはアカクラゲとミズクラゲが普通に漂っていました。
aka-mizu.jpg

海岸に打ち上げられていたクサフグ。
kusafugu20170528.jpg

同じくナルトビエイ。裏向きのままほとんど腐ってました。かなり大きかったです。
narutobiei20170528.jpg

こちらは小さなマアナゴ、かな?(マアナゴにしてはちょっと短いけど)
maanago20170528.jpg

ヘリトリマンジュウガニの若い個体。甲羅の幅は2cm強です。甲羅を縁取るクリーム色の部分は成長すると消えてしまいます。
heritori.jpg

おまけ:吊り橋のケーブルを固定する巨大なアンカレイジ。(場所がバレますが)
CIMG1923.jpg

イボタノキの花 [植物]

イボタノキの花が咲いていました。ネズミモチの花と良く似ていますが、葉の様子が違うので何とか見分けられます。

ibotanoki.jpg

オオミズアオ [昆虫]

アカシジミを撮った林にオオミズアオがいました。オナガミズアオに似たところ(翅縁と紋)もありますが、前翅先端の丸みや触角の色からオオミズアオのほうだと思われます。

oomizuao.jpg

アカシジミ [昆虫]

昨年初めて姿を見て、今年になって撮影することができました。市街地のコナラ林ですが、こんなところにいるとは思いませんでした。
ただ、林の中は暗く、ブレてしまいました(なので小さい写真のみ)(ISO400)。
akasijimi.jpg

ISO感度を上げて撮ってみましたが、今度は画質が....(ISO1600) なかなかうまく行きません。
akasijimi2.jpg

なお、姿を見たのは5月下旬の2日間だけでした。その後も探していますが、もはや今年は見られないのかもしれません。

ホオズキカメムシ [昆虫]

壁に張り付いていたちょっと小さめのカメムシ。体長は1.5cmくらいでしょうか。後ろ足が太くなっているのを頼りに調べたところ、ホオズキカメムシのようです。

hoozukikamemusi.jpg

アカボシゴマダラ春型とゴマダラチョウ [昆虫]

アカボシゴマダラの春型は、夏型とはずいぶん違う様相をしています。これだけ両者が違う蝶はあまり知りません。それに大きさも春型の方が大きい感じがします。ただ、かなり白っぽいため、そのせいもあるかもしれません。
akabosi-s.jpg
akabosi-s1.jpg

赤星もほとんどはっきりしません。肉眼ではうっすらと赤い紋が見えますが、写真には写りませんでした。
akabosi-s2.jpg

在来のゴマダラチョウも数は少ないですが、います。この辺りでは食草のエノキが沢山生えて/植えられているので、食料の競争はそれほど起きていないようです。
gomadara2017.jpg

カマキリの幼虫 [昆虫]

体長1cmくらいの、まだ小さなカマキリの幼虫です。
これからどんどん大きくなるのでしょうが、成虫になるのは大変そうです。

kamakiri-j.jpg

ナナホシテントウ [昆虫]

ナナホシテントウが羽化しているところに出会いました。体はまだ黄色で、うっすらと星が見え始めています。伸びた後翅はもうしばらく経つと鞘翅の中に納められいくはずです。
nanahosi-uka.jpg

今度はアリマキを食べている(食べようとしている)ナナホシテントウです。アリマキの付いている草はコウゾリナなので、このアリマキはコウゾリナヒゲナガアブラムシ、かな。
nanahosi.jpg

メッセージを送る